中イキできない原因とは?中イキする方法や外イキとの違い(続き)

中イキするために開発する方法【Gスポット編】

セックスで中イキするためには、自分で開発をしておくことが大切なこととなります。

しかしいったいどのようにして開発したら良いのでしょうか。
ここではまず、Gスポットを開発する方法から紹介していきます。

Gスポットを圧迫する

Gスポットを開発するときは、まずしっかりGスポットの位置を確認しましょう。

Gスポットは膣内上部、膣口から5cmほど中に入った部分に存在します。

指で触ってみると、ザラザラしているところがあるはずですが、それがGスポットです。

位置を確認したら、指二本でGスポットを押したり、離したりしてみてください。

痛みを感じるのであれば、痛くない範囲で行い、日に日に力を強めましょう。

慣れてくればどんどん気持ち良くなっていきます。

おしっこが出そうになっても続ける

Gスポットを刺激していると、おしっこが出そうになることがあります。

しかしそれは重要なサインです。
オーガズムの直前に感じる感覚は、おしっこが出そうな感覚と似ています。

そのため、そこでやめてしまわずに、そのままGスポットを刺激してみてください。

ただしGスポットを刺激していると、潮を吹いてしまうこともあります。

本当におしっこに近い液体が出てきてしまう可能性もあるため、濡れても良いようにバスタオルを敷くなどの対策をしっかりしておきましょう。

諦めないで続ける

Gスポットを開発するときは諦めないことも大切なことです。

Gスポットを何度も刺激していても、人によってはまったく気持ち良くならないということがあります。
しかしそこで諦めてしまえば、中イキもできません。

続けていればいつか身体は慣れていくものですので、気持ち良くなるときが来るものです。

ただしクリイキもしたことがないという場合は、外イキから開発したほうが良いため、そちらの練習から始めてください。

中イキするために開発する方法【ポルチオ編】

Gスポットだけでなく、ポルチオの刺激でも中イキすることができます。

セックスで中イキすることを考えれば、ペニスが当たりやすいのはポルチオですので、ここを開発することが重要です。

ではいったい、どのように開発していけば良いのでしょうか。

バイブを使う

ポルチオは膣の奥にあるため、指で刺激を与えることはできません。

そのため、簡単に刺激できるのはバイブとなるため、開発したいのであれば購入しておきましょう。

バイブにはクリトリスにも刺激を与えてくれるものがありますが、できればそれはやめたほうが良いです。

あくまでポルチオを開発するために使うため、クリトリスへの刺激がないストレートタイプのものを選びましょう。

ポルチオを押す感覚で当てる

バイブを挿入したら、何度もピストンさせるのではなく、グッと押すようなイメージでポルチオを刺激してください。

そして最初は振動を与えず、慣れてきたら徐々にパワーを上げていきましょう。

こうすることにより徐々に気持ちが盛り上がっていくため、ポルチオでも感じやすくなります。

ポルチオの開発は難しいため、最初はそれほど気持ち良さを感じないかもしれませんが、持続することで気持ち良くなってくるため、何度も試してみてください。

Gスポットでイケるようになってから行ったほうが良い

ポルチオはできれば、Gスポットで中イキできるようになってから開発を行うと良いです。

両者を比較すると、中イキしやすいのはGスポットです。
そのため、Gスポットで中イキする感覚を覚えておけば、ポルチオでもイキやすくなります。

また、Gスポットで中イキしてから、その後ポルチオを刺激するとポルチオで中イキしやすくなります。

もちろん個人差はあるため、ポルチオでしかイケないという人もいますが、基本的に優先度はGスポットのほうが高いため、覚えておきましょう。

中イキに関する注意点

中イキできるように膣内を開発するときや、開発した後には注意しておきたいことがたくさんあります。

中イキできるようになったことが仇となってしまうこともあるため、この注意点をしっかり踏まえた上で開発するかどうか決断しましょう。

バイブの刺激に慣れ過ぎない

中イキできるように開発するときは、バイブの振動に慣れ過ぎないということが大切です。

バイブを振動させてオナニーすれば、かなり気持ち良いでしょう。

しかしセックスで同じような快楽は得られません。

そのため、バイブの刺激に慣れ過ぎてしまうと、実際のセックスで中イキできなくなってしまいます。

あくまで開発は中イキできるようになることが目的です。

気持ち良さを求めて、振動を強くして毎日のようにオナニーしてしまうと、逆の意味で中イキできなくなってしまうため注意しておきましょう。

彼氏に嘘がバレないように注意しよう

彼氏に「中イキできた?」と聞かれたとき、これまで嘘をついていたという人もいるでしょう。

実際に中イキできるようになれば、嘘をつかくて済むようになるわけですが、彼氏はその変化に気付くかもしれません。

つまり、これまでついていた嘘がバレてしまう可能性があるのです。

その嘘がバレたところで大きな問題になることはほとんどありませんが、万が一ということもあります。

そのため、揉めそうな予感がするという人は、うまい言い訳を事前に考えておきましょう。

恋人に不満を感じることも

オナニーで中イキできるようになると、これまでとは違う気持ち良さを覚えることになります。

しかし彼氏のペニスが短かったり、テクニックがなかったりすることで、セックスでは中イキできないことも多いです。

こうなってしまうと彼氏とのセックスに不満を覚えてしまうようになります。

それがキッカケで浮気したくなったり、別れを考えてしまったりすることもあるため、特に今のセックスに不満がないのであれば開発しないまま過ごすというのも一つの道です。

最後に

中イキできないことを悩む人も、開発すればしっかりと中イキできるようになります。

彼氏を満足させる目的もありますが、中イキできるようになれば自分自身が気持ち良くなれるものです。

その快感を味わわないまま一生を終えるのはもったいないため、この機会に中イキに挑戦してみましょう。
出会いの教科書ラブタ

中イキできない原因とは?中イキする方法や外イキとの違い(続き)

中イキできるようになった理由とは

中イキできなかった人が様々なことがキッカケで中イキできるようになることもあるものです。

ではどのような理由によって中イキできるようになったのでしょうか。

オナニーで中イキできるようになった

中イキできるようになったキッカケがオナニーだったという人はかなり多いです。

もっと気持ち良くなりたかったり、彼氏に練習して欲しいと言われたりして、中イキの練習をする女性は案外多くいます。

性的好奇心は誰もが持っているものです。
中イキというオーガズムがあることを知れば、誰でも試してみたくなるでしょう。

そのため、こっそり中イキの練習を自宅で繰り返す女性もたくさんいます。

彼氏に開発された

中イキできるようになったのは彼氏がキッカケだという人も多いです。

男性は女性に中イキして欲しいと考えます。
中イキしたことがないことを知れば、自分がそれを体験させてあげようと思うものなのです。

そのため、セックスのたびにポルチオやGスポットを刺激され、開発された結果、中イキできるようになったという人もたくさんいます。

自然とできるようになった

中イキをしようとは思っておらず、いつの間にか中イキできるようになっていたという人もたくさんいます。

セックスやオナニーで自然と膣内が刺激された結果、気付かぬ間に開発されていたというパターンです。

特に指入れオナニーやバイブを使っている人は、自然とGスポットやポルチオが刺激されており、中イキできるようになっていることが多いです。

逆に言えば、膣内を刺激するオナニーをしている人は少しのキッカケで中イキできるようになるということになります。

セックスで中イキするための方法とは

彼氏のためにもセックスで中イキしたいと思う人も多いでしょう。

そこでここからはどうすれば、セックスで中イキすることができるのか、その方法を紹介していきます。

オナニーで開発しておく

セックスで中イキするためには、何より事前に開発しておくことが大切なこととなります。

Gスポットやポルチオへの刺激に慣れていないと、どれだけ頑張ってもセックスで中イキすることはできないものです。

そのため、自宅でオナニーをして中イキできる感覚を掴んでおかなければ、セックスでも中イキできません。

これまで中イキしたことがない人は、一度は中イキしておかないとセックスで突然、中イキできるようにはならないため、練習しておきましょう。

中イキしやすい体位でセックスする

オナニーのときは中イキできるのに、セックスでは中イキできないという場合、体位を工夫してみましょう。

ポルチオに刺激を与えることを考えれば、奥まで挿入できる体位が良いですし、Gスポットへの刺激を考えれば、ペニスが上向きに入る体位を選んだほうが良いです。

おすすめなのは寝バックや騎乗位、吊り橋などです。

このような体位が中イキしやすい体位と言われているため、彼氏におねだりしてやってもらってください。

前戯をしっかりしてもらう

セックスだけで中イキできないのであれば、前戯をしっかりしてもらうということも大切なことです。

女性が短い時間で中イキするのは難しいため、挿入前の彼氏とイチャイチャする時間を増やしてみましょう。

彼氏がすぐに挿入したがるということであれば、一緒にAVを見たり、女性が攻めてみたりしてみてください。

それでも難しいのであれば、シャワーを浴びるとき、事前にオナニーをしておくという手段もあります。
出会いの教科書ラブタ

次回!「中イキするために開発する方法」

中イキできない原因とは?中イキする方法や外イキとの違い(続き)

中イキの感覚とは

外イキならば経験があるという人は多いでしょう。

では、外イキと中イキではどのような違いがあるのでしょうか?

中イキしたことがあるかどうかわからないという人はこの感覚の違いによって判断しましょう。

徐々に気持ち良さが押し寄せてくる

中イキには徐々に気持ち良さが押し寄せてくるという特徴があります。

外イキの場合、瞬間的に気持ち良さが訪れて、一気にはじけるような感覚といいます。

しかし中イキの場合、気持ち良さはジワジワと高まり徐々に蓄積していく感じです。

そしてそれが臨界点を超えると、身体の芯からドバドバと快楽が流れ出していくようなオーガズムを感じるのです。

外イキが切り傷だとすれば、中イキはアザや鈍痛といったイメージとなります。

外イキしかしたことがない人は新鮮な感覚に驚くはずです。

昇天したかのような余韻に包まれる

中イキには余韻が長いという特徴もあります。

外イキは瞬間的に気持ち良くなり、イクとすっきりとした感覚になります。

しかし中イキはイッた後も余韻が長く続き、ボーっとした感覚になります。

中イキをしたらシャワーも浴びずに、そのまま寝落ちしてしまう人もいるため、外イキとは違う気持ち良さを感じられるのです。

身体の芯がイク感じ

中イキすると身体の芯からオーガズムを感じるような感覚があります。

外イキをするときは膣がビクビクと痙攣してイク感覚があるでしょう。

しかし中イキの場合、膣よりもさらに奥深いところから快感が押し寄せ、全身でオーガズムを感じます。

そのため、全身が敏感になり、その後男性から攻められると、イク前よりも気持ち良くなれるのです。

中イキできない原因とは

中イキしたいのになかなか中イキできないという女性はたくさんいます。
そのような人には必ず何かしらの原因があるものです。

ではいったい何が原因で中イキできなくなってしまうのでしょうか。

性感帯が開発されていない

中イキできない一番の原因は性感帯が開発されていないということです。

膣内からの刺激でオーガズムを感じなければ中イキできないわけですが、膣内にある性感帯の感度が悪いと中イキすることはできません。

膣内にある性感帯といえば、Gスポットとポルチオです。

この二つは触ればすぐに気持ち良くなれるわけではありません。
何度も刺激を与えることにより、徐々に快楽を感じるようになっていくのです。

そのため、これまでGスポットやポルチオを攻められたことがないという人は、中イキしたくてもできません。

しかし逆に言えば、この二つの部位をしっかり開発してあげれば中イキできるようになるということです。

性感帯を刺激できていない

中イキできない原因は、中イキするために刺激を与えなければならない性感帯に、刺激を与えられていないことが原因かもしれません。

Gスポットは膣口の上部に存在します。
そのため、男性が意識しておかなければ刺激を与えられませんし、場所を間違えている可能性もあるでしょう。

Gスポットの位置は個人差もあり、位置が左右にズレていることもあるからです。

ポルチオは膣内の一番奥に存在します。指で触れることは難しいため、ペニスで突かれて開発されていくのですが、彼氏のペニスが短いとポルチオまで届かないこともあります。

そのため、彼氏の短小ペニスが原因でいつまで経っても中イキできない場合もあるのです。

前戯が足りない

前戯が足りないことが原因で中イキできない場合もあります。

中イキは徐々に快楽を感じていかなければ、イクことはできません。

クリイキはイジればすぐにイケますが、中イキは時間をかけなければならないのです。

そのため、セックスやオナニーの時間がいつも短いという人は、なかなか中イキすることができません。

せめて20分は必要ですので、いつもそれよりもセックスの時間が短いという人は、時間の短さが原因で中イキできていないということになるのです。

外イキに慣れ過ぎている

外イキに慣れ過ぎていることが原因で中イキできないこともあります。

クリイキは手軽ですし、簡単にイケるため、いつもオナニーのときにはクリトリスをイジるという人も多いでしょう。

しかしクリイキばかりしていると、その感覚に身体が慣れてしまい、逆に膣内の刺激で快楽を感じにくくなってしまいます。

外ばかりが敏感になってしまうと、肝心の中が鈍感になってしまうため注意しておきましょう。

体力がない

中イキできない人は体力がないことが原因の可能性もあります。

中イキはイクまでに時間がかかるため、オナニーで中イキするためにはクリイキするときよりも長い時間、指を動かし続けなければなりません。

そのため、体力や筋力がなければ、途中で疲れてしまってイケなくなってしまうのです。

また、彼氏の体力がないことにより、手マンやピストンする時間が短く、中イキできないという場合もあります。

無意識のうちに止めている

中イキできない理由は自分自身で無意識のうちに止めているからかもしれません。

男性の前でイクことを恥ずかしいと感じていたり、普段とは違う感覚をおしっこが出る感覚だと勘違いしていたりすると、無意識のうちにイッてはいけないと思ってしまうものです。

このようにして肉体的にはいつでもイケる状態なのですが、精神的な部分の準備ができていないと中イキできなくなってしまいます。

特にクリトリスでもイッたことがない人の場合、これが原因である可能性が高いです。
出会いの教科書ラブタ

次回!「中イキできるようになった理由とは」

中イキできない原因とは?中イキする方法や外イキとの違い

中イキできない人も開発することでしっかり中でイケるようになるのです。

そこでコラムで何回かに分けて中イキできない原因やできるようになる方法、外イキとの感覚の違いなどを解説していきたいと思います。

中イキとは何かわからない人もセックスが大好きになれる重要な知識ですのでしっかり理解しておきましょう。

中イキしてないけど「中イキした」とパートナーに嘘をついている

男性は女性に中イキさせたいと思っているのです。
中イキさせることが自分のテクニックが上手い証拠となるため、彼女に対して「中イキできた?」と何度も聞いてきます。

自慢気に中イキできたか聞いてくるパートナーに対して、女性は正直に言えないことも多いでしょう。

そのため、場の雰囲気を崩さないよう嘘をついてその場をしのいでいるという人も多いはずです。

しかし中イキできていないことがバレてしまうのではないか、また嘘をつくこと自体に罪悪感を感じている人も少なくないでしょう。

実際に中イキできるようになれば話が早いのですが、そのためには具体的に何をすれば良いのでしょうか。

そもそも中イキとは?

そもそも中イキとは、膣の中への刺激によってオーガズムを感じることを言います。

クリトリスは膣の外にあるため、クリトリスでオーガズムを感じることは外イキやクリイキと呼ばれます。

オーガズムという点では中イキも外イキも同じなのですが、両者は同じオーガズムでも感じる感覚が違います。

個人差もありますが、一般的には中イキのほうがはるかに気持ち良くなれるものです。

中イキができればクリトリスをイジられなくても、挿入によってオーガズムを感じることができます。

恋人と同時にオーガズムを感じやすくもなるため、女性は中イキを覚えることにより、セックスをさらに楽しめるようになるものです。

では実際、中イキしたことがある人の割合は?

実際に中イキしたことがある人はそう多くないと言われています。

AVでは誰もが中イキ(演技もある)しているため、男性は女性全員が中イキしたことがあると勘違いしていますが、実際はそうではないのです。

では、中イキしたことがある人の割合はどのくらいなのでしょうか。

統計によると4人に1人しか経験したことがない
セックスやオナニーで中イキを経験したことがある人は、現実は女性4人につき1人しかいません。
つまり、中イキしたことがないという人がほとんどなのです。

男性から当たり前のように「中イキできた?」と聞かれることで、イケない自分がおかしいと勘違いしている女性も多いですが、イケないほうがむしろ普通ということになります。
(男性が聞いたらびっくりするかもしれませんが。)

中イキしたことがなくても悩む必要はありません。

何が中イキなのかわかっていない人も多いんです。
中イキしたことがないどころか、中イキという言葉の存在を知らない女性も多いです。

外イキと中イキの違いも分かっておらず、中イキのほうが気持ちいいことも知らないのです。

また、実際には中イキしているにも関わらず、それが中イキだとわかっておらず、クリトリスで感じるオーガズムと同じだと認識している人も一定数います。
出会いの教科書ラブタ

※次回、実際に中イキとはどういたものか、どうすればイケるのか、を書いていきたいと思います。