中イキできない原因とは?中イキする方法や外イキとの違い

中イキできない人も開発することでしっかり中でイケるようになるのです。

そこでコラムで何回かに分けて中イキできない原因やできるようになる方法、外イキとの感覚の違いなどを解説していきたいと思います。

中イキとは何かわからない人もセックスが大好きになれる重要な知識ですのでしっかり理解しておきましょう。

中イキしてないけど「中イキした」とパートナーに嘘をついている

男性は女性に中イキさせたいと思っているのです。
中イキさせることが自分のテクニックが上手い証拠となるため、彼女に対して「中イキできた?」と何度も聞いてきます。

自慢気に中イキできたか聞いてくるパートナーに対して、女性は正直に言えないことも多いでしょう。

そのため、場の雰囲気を崩さないよう嘘をついてその場をしのいでいるという人も多いはずです。

しかし中イキできていないことがバレてしまうのではないか、また嘘をつくこと自体に罪悪感を感じている人も少なくないでしょう。

実際に中イキできるようになれば話が早いのですが、そのためには具体的に何をすれば良いのでしょうか。

そもそも中イキとは?

そもそも中イキとは、膣の中への刺激によってオーガズムを感じることを言います。

クリトリスは膣の外にあるため、クリトリスでオーガズムを感じることは外イキやクリイキと呼ばれます。

オーガズムという点では中イキも外イキも同じなのですが、両者は同じオーガズムでも感じる感覚が違います。

個人差もありますが、一般的には中イキのほうがはるかに気持ち良くなれるものです。

中イキができればクリトリスをイジられなくても、挿入によってオーガズムを感じることができます。

恋人と同時にオーガズムを感じやすくもなるため、女性は中イキを覚えることにより、セックスをさらに楽しめるようになるものです。

では実際、中イキしたことがある人の割合は?

実際に中イキしたことがある人はそう多くないと言われています。

AVでは誰もが中イキ(演技もある)しているため、男性は女性全員が中イキしたことがあると勘違いしていますが、実際はそうではないのです。

では、中イキしたことがある人の割合はどのくらいなのでしょうか。

統計によると4人に1人しか経験したことがない
セックスやオナニーで中イキを経験したことがある人は、現実は女性4人につき1人しかいません。
つまり、中イキしたことがないという人がほとんどなのです。

男性から当たり前のように「中イキできた?」と聞かれることで、イケない自分がおかしいと勘違いしている女性も多いですが、イケないほうがむしろ普通ということになります。
(男性が聞いたらびっくりするかもしれませんが。)

中イキしたことがなくても悩む必要はありません。

何が中イキなのかわかっていない人も多いんです。
中イキしたことがないどころか、中イキという言葉の存在を知らない女性も多いです。

外イキと中イキの違いも分かっておらず、中イキのほうが気持ちいいことも知らないのです。

また、実際には中イキしているにも関わらず、それが中イキだとわかっておらず、クリトリスで感じるオーガズムと同じだと認識している人も一定数います。
出会いの教科書ラブタ

※次回、実際に中イキとはどういたものか、どうすればイケるのか、を書いていきたいと思います。